利用した方のプロミス口コミ等は参考になることが多くあります。
公式ホームページを見るだけではわからないことが、利用者の声として聴くことができるからです。
その中に注目しておきたいのはサービス内容の違い。
プロミスなどの消費者金融と、バンクイックなどの銀行ではサービスには大きな違いがあります。
それが会員サービス。
会員サービスというのはその金融業者との契約者が利用することができるサービスになります。
一般的には会員サービスはインターネットから会員ページにログインをすることで利用可能となります。
銀行はこの会員サービスが充実していない傾向があり明細書程度の内容しか確認することができないというところも少なくはありません。
三菱東京UFJ銀行バンクイックでは会員サービスで明細書と変わらない内容しか見ることができませんが、会員サービスがないというわけではなくそのサービスを受けるためには第二リテールアカウント支店というフリーダイヤルに電話を掛けることによって受けることができるサービスがあります。
消費者金融はこの点非常に充実しています。
例外ではありますがレイクも元は消費者金融になりますので新生銀行のカードローンとなった現在でも会員サービスは充実しています。
登録内容を変更したり、増額の申請を行うことができたりする会員サービスがあるのは消費者金融の特徴です。
また振込キャッシングも今ではよく知られているものの利用することができるのは消費者金融に多くなっており銀行ではサービスとして提供しているところは少なくなっています。

お金が急に必要になったとき、短期間に複数社へ融資を申込むといった多重申込は申込ブラックとなってしまい、ますます融資が受けられなくなります。
すぐにでもお金というとき誰もが考えることは、すぐ貸してもらえるならどこでもよいといった思いから複数社へ即日融資を申込たくなることが有ると思いますが、ローンの申込をしただけで、その履歴は信用情報機関の個人情報に残ってしまいます。
続けて他社へも申込をしたとき、キャッシング会社は信用情報機関の個人情報に照会してこの申込み履歴を確認します。
その申込履歴に複数社申込があったことが記載されていると審査担当者は、短期間のうちにあちこちで申込みをしているけれど、どこからも融資を受けられずにいるのは何か問題があるかもしれないと判断され、ますます融資が受けられなくなります。
過去には銀行系や消費者金融系、信販系とそれぞれ信用情報機関が違っていたため、たとえば銀行系で断られても、消費者金融では融資が受けられたということもあったようですが、最近は銀行と消費者金融会社が提携していることから、どちらの情報機関を参考にすることもできるのでそのようなことは不可能になっています。
申込履歴は、即日融資 消費者金融では1ヶ月、それ以外なら3ヶ月で抹消されるので、その期間が過ぎるのをまって申込をすれば経歴が消えているので融資を受けられる可能性は高くなります。
申込は消費者金融や銀行に関係なく1ヶ月に3社までにすることが重要になってきます。

サービスの充実している消費者金融と比較すると劣りますが、みずほ銀行カードローンにも特徴となるサービスがいくつかありますのでご紹介しましょう。
みずほダイレクトはご存知でしょうか。
みずほ銀行が運営するインターネットバンキングです。
このみずぼダイレクトに加入すると突然とみずほ銀行カードローンは使いやすくなります。
・限度額100万円以下の申し込み手続き
・インターネットもしくは電話からの借り入れと返済
・繰り上げ返済
・残高照会
消費者金融のホームページをあちこちご覧になった方にとっては珍しいサービスではないと考えるかもしれませんが、銀行としては珍しいサービスになっています。
インターネットから申し込みができることは珍しくはないものの、申し込みから契約までを完結させると考えればこれはみずほ銀行の特徴ということができるでしょう。
また振込キャッシングが通常サービスとはなっていない銀行のカードローンの中でみずほ銀行カードローンではみずほダイレクトに加入することで可能となります。
普段の借り入れや返済はみずほ銀行ATMや提携ATMを利用しなければなりませんが、みずほダイレクトを利用するとインターネット上からの借り入れ申請、振込や送金までが思うがままとなっています。
キャッシュカード兼用型を選択すれば追加機能も使っていくことができます。
借り入れに有利なサービスになっていますので借り過ぎにならないように気をつけなくてはなりませんが便利であることもまたうれしいことです。

ogtzuq